着物初心者のためのお洒落で気軽な着物コーディネート

今、着物の良さが見直されてきています。日本の伝統文化でもある着物を、楽しく気軽に着こなせたら、どんなにか世界が広がる事でしょう。ここでは着物の基本的なお約束事と、着こなしのコツを考えてみます。

着物コーディネートのポイント

1
まず、着物の素材ですが、最初は着物に慣れるために、ナイロンやポリエステル素材の着物から、自分が楽しくなるような好みの柄を選ぶことがポイントです。着物になれないうちは、汚してしまう事も気になるので、そのように気軽な素材からはじめて、着物に慣れていく事がとても大切なのです。

2
次に柄選びですが、普段着としての着物のお約束的な柄があります。一つは小紋と呼ばれるものです。洋服に例えるならば、チェックや縞柄に近いものがあります。伝統的な江戸小紋と呼ばれるものは、それぞれに柄が決まっていて、化学繊維素材の着物にも多く使われています。普段着に小紋を着こなすことができれば、きっと着物通にみられる事でしょう。また、小紋ではなくても、縞柄は街着としてふさわしいものです。洋服感覚できられる縞柄の着物は結構ありますので、縞柄を洋服の感覚で、自分の好きな色でコーディネートしてみるのも楽しいでしょう。

フォーマルなシーンでも使える小紋

伝統的な小紋は改まった席にも使えます。普段の気軽な外出のコーディネートとしては、小さな可愛らしい柄の小紋が良いでしょう。例えば、京風の手毬柄や、古典的な桜の花びらなどの柄は、明るめの色合いの帯であればコーディネートがしやすいです。そのような控えめな柄の着物が一枚あると、初心者にとっては、着こなしの幅が増えるきっかけになります。

気軽に着れる紬

次におすすめなのが、紬です。紬は織物で、着物の生地としてのお約束事としては、正式な場所にふさわしくないのですが、気軽な外出のコーディネートとしては、ぜひおすすめしたい着物です。大島紬や結城紬となると、とても高価なものもありますが、紬風の柄の化学繊維の着物があります。

4
素材にこだわらなければ、初心者の町歩きの着物として便利な一枚になります。紬は色合いが紺や黒に白をあわせたものなど、二色の組み合わせが多いので、帯があわせやくなります。気軽な小紋にしても、紬にしても、お洒落に着こなすポイントとしては、帯は着物の柄や色の雰囲気に合わせる事です。例えば、小紋の柄が古典的な模様であれば、帯も古典的な柄の名古屋帯などが良いでしょう。

縞柄などのモダンな印象の着物は、はっきりとした色合いの帯が映えます。紬の場合は素材の同じ織物でできた帯で、民芸調の帯が良く似合います。色は可愛らしい明るい色でも良いでしょう。

着物のお約束事

着物にはいろいろなお約束ごとなどもありますが、着物のコーディネートが楽しくあるためには、自分の好きな色や柄で選という事も大切です。その柄や色を見てうきうきしたら、着物を着る事も楽しくなることうけあいです。それでもどうしてもコーディネートに迷ったら、帯と着物を同じような柄で統一するというのも良い方法です。洋服ならちょっとくどい感じがしますが、着物ですと不思議とそうはなりません。その時に色を選ぶ際には、着物と帯の組み合わせを、同じような色合いより、むしろ違った色合いでも決して派手な印象になりません。

3
最後に、襟元のお洒落ですが、普段の外出着としてのコーディネートは、遊び感覚を感じる着物も良いものです。襟元だけでも着物のお洒落は充分楽しめます。可愛らしい柄の半襟は小紋にとても合います。また、縞模様や紬の着物には、単色の半襟で柄もモダンな感じが合います。半襟の柄はたくさんの種類がありますので、選ぶだけでも楽しいでしょう。

着物のコーディネートが楽しめるように、洋服を着るときと同じような感覚を持つと、ひとつの目安になるかもしれません。楽しく着こなすことが重要です。

家に眠っている着物を売るなら今がチャンス! 着物の高価買取専門【買取プレミアム】
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加