買取査定で眠っている着物を有効活用

今たんすで眠ってしまっている着物はありませんか?

もしあるのであれば、早めに着物の買取をしてくれるところへ査定に出していただくことおすすめします。着物はとてもデリケートです。正しく保管しているつもりでも、湿気ってしまったり、梅雨の時期にはカビてしまいやすくなります。一度袖を通した着物はシミなどになりやすいといわれているほどなのです。

b629406f212aca95d900ebc7df25b0bc_s
着物は、安い買い物ではないため、比較的高く値段がついてほしいものですよね。今ある着物を処分したい、タンスに入っているけど、もう使用することがないという場合など、買取してもらう方法もあるのです。

日本の伝統文化としても見直される「着物」

実は、いま着物が見直されてきています。若者の間で着物が見直されていたり、日本の文化が見直されてきて、外国の方にも需要が高くなってきているのもその一つです。古すぎて値段がつかないのではないかと思われている方も、一度査定に出してみると意外な金額がつく可能性もあります。今着ていない着物が、また誰かの手に渡って着てもらうことによって息を吹き返してもらえます。

値段の付きやすい着物とそうでない着物

査定をして、値段が付きやすい着物は確かに存在します。昔ながらの作り方で作られている着物は、今の時代後継者不足などでその作り方を作ることができなくなっているので希少価値が高くなりやすく、有名な作家さんが手掛けられた着物などは高値で査定されやすくなります。今流行っているとされる柄も人気が高いといえます。長さがあったほうが値段も付きやすく、現代の女性の身長にあった160センチ以上のものが人気があるようです。

2c2fd8943a2e49f4d0eaef472e37b82f_s
また、生地によっても価格が変わってきます。着物は正絹で作られているものがよいとされ、化繊やウールなどの素材でできているものは価格が付きにくいです。状態がよく正絹であればほかの着物よりも高く買い取ってもらいやすくなります。

着物の種類によっても買取価格は変わる

着物には種類があります。値段が付きやすいものなど見ていきたいと思います。一番値段が付きやすいとされるのは、礼装である留袖や振袖と言われています。留袖は既婚女性が着用する基本的に黒字に下半身の部分に柄が入っているものになります。黒留袖は生地の色が黒く、色留袖は生地の色が黒以外のものをさします。一番値が高いのが黒留袖といわれるものですが、状態がよければ色留袖も値段が付きやすいとされています。

家紋が入っていても大丈夫

家紋が入っている場合が多くありますが、買取に関しては家紋が入っていても大丈夫です。
振袖が未婚女性の第一礼装で、既婚女性の第一礼装がこの留袖になり、振袖、留袖ともに格が高いとされています。柄もこだわりをもって作られているものが多く、一生ものの着物として需要があります。

黒留袖

黒留袖は、結婚式などで親族が着用することも多く、ドレスに近い使い方をします。
また、色留袖は訪問着よりも格が高いため、親族以外の結婚式や、外出の際に着られることもできるので、長く着られる着物となります。

訪問着

次に値段が付きやすいのが、訪問着です。こちらは既婚未婚にかかわらず着用が可能で、付け下げと似ていますが、こちらの訪問着のほうが格が上です。染め方に違いがあり、すべての柄がすべてつながるように作られているのがこの訪問着です。この訪問着は、結婚式の披露宴、お茶会、文字通り他家へ訪問する時など、少しかしこまった場所にきていけるので汎用性が高い着物と言えるでしょう。

付け下げ

訪問着の次に付け下げも人気があります。格は訪問着のほうが高いですが、今ではあまり変わらないとされています。柄がすべて上を向いているのがこの付け下げです。パーティーや入学式卒業式にも着ていける着物です。また袋帯も値段が付きやすいとされています。

眠っている着物をリサイクル

まとめると、正絹で、カビが生えていなくシミもない状態のいいもの。ある程度の長さがあるもの。振袖や留袖など格式が高く高級品なもの。訪問着や付け下のように、着ていく場所が幅広く汎用性があるもの、などがよいとされているみたいです。

今、使用することがなくなってしまって、タンスに眠っている着物も、この機会に一度査定に出してみることをおすすめします。もしかするとその着物を待っている方がいらっしゃるかもしれませんよ。

家に眠っている着物を売るなら今がチャンス! 着物の高価買取専門【買取プレミアム】
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加