リサイクルショップで賢く、着物を購入するポイント

着物というと「高い」とイメージされる方も多いと思います。確かに、洋服よりも高い着物は多いです。主に着物が高価な理由は下記によるものです。

生地の素材が正絹、紬、麻などでできている

洋服もシルクだったら高いですよね。

着物は洋服と違い揃えるものが多い

着物を着るために必要な物は、和装式のブラジャー、ガードル、足袋などの下着、長襦袢、枕や紐類、着物、帯、帯揚げ、帯締め、草履などです。すべてを一度にまとめて買い揃えると高くなります。

仕立てていない

着物は寸法を測り作成するので手間がかかります。洋服は仕上がった状態でサイズを表示し売られている事が多いのです。寸法を測って作成してもらったとしたらお高いですよね。

1
もし、着物だけ購入するとしたら成人式などで、すべてを揃えた事がある場合はいかがでしょうか。新しく着物だけを買い足していくだけならそれほど高くはありませんよね。もっとも素材によって違いはありますが。

洋服もお気に入りのショップで季節が変わるごとに購入します。何枚も欲しいけれど高いからそんなにはたくさんは買えません。そこで、高いものを安く買うためにセールを利用したり、ブランド物ならリサイクルショップを利用したりしますよね。着物も同じです。お気に入りの呉服屋さんのセールやリサイクルショップで安く買い求めます。

着物もリサイクルショップを活用

なぜ、リサイクルショップかというと、リサイクルショップは、高価な着物が驚きの値段で売られています。たとえば、新品なら100万円はする高価な着物が3万円で売られていたりと、とてもお得です。高価な着物とは、

高価な着物というのは素材が良いもの

とても古く現代ではほとんど作られていないために価値がある物

手縫いの物
着物は、手縫いかミシン縫いで縫われていますが当然、手縫いは手間がかかっているので高くなります。

手織りの物
紬は手織りか機械織りで織られていますが、先ほど同様に手織りは価値が高いので値段も高くなります。

なぜ、高額の着物を手放してリサイクルショップに売るのかというと

着物を着なくなり処分した場合

年齢を重ねると身体が硬くなり帯結びがしにくくなる事があります。
そこで、着物を着なくなり枚数があるので誰かに与えるなど処分した後に、リサイクルショップで売られていることもあります。

保管しきれない

着物は専用のたとう紙に畳んで入れた後に専用の桐の箪笥に保管しますが、保管場所がないために処分することもあります。

リサイクルショップで賢く購入するポイント

そこで、価値のある着物や帯をリサイクルショップで賢く購入するためのポイントをご紹介します。

体型にあった着物を探す

リサイクルショップは、高価な着物が格安で売られています。その理由は前述しましたが、着物は通常、その人に合わせて作るオーダーメイドだからです。ですから、身長があまりにも合わないと着こなせません。

最近の女性は手足が長いのですが、あまりにも袖が短いなど体型に合わない着物を肩を半分出して現代風にというわけにはなかなかいかないのです。そこでもし、体型が合えば100万円の着物が3万円ほどで手に入る事も珍しくありません。

体型にあった帯を探す

帯も同様ですが、昔の帯は比較的短めに作られているので帯の柄のポイントが出したいところに出ない事もあるのでチェックが必要です。

仕立てを見る

また、帯によっては「関東巻き仕立て」「関西巻き仕立て」があります。これは、時計巻きに巻く関東巻きと、半時計巻きに巻く関西巻きの違いです。この場合、関西巻きで仕立てられた帯を関東巻きで巻いた場合に帯の中央側に柄が出ない事があるので注意します。

シミのチェック

着物の生地は絹や紬などクリーニング方法が難しい物も多いです。そこで生地を傷めないようにするため、染む抜きが完全に出来ない事もあります。特に、着物の八掛けの部分や胴裏の部分は汗をかく事も多く汗染みや黄ばみがないかのチェックが必要です。

臭い

箪笥に防虫剤と一緒に入れっぱなしになっていた場合は、防虫剤の臭いがなかなか取れない場合もあります。

以上のポイントに注意をして質の良い着物を安く買い求めてみてはいかがでしょうか。

日本の伝統の技術が現代に受け継がれてきた物のひとつに着物があります。いつもと違う自分を演出し、着物でパーティーやレストランや歌舞伎観賞に行かれてみてはいかがでしょうか。

家に眠っている着物を売るなら今がチャンス! 着物の高価買取専門【買取プレミアム】
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加