冬の着物姿はインナーにひと工夫

冬は着物に最適の季節と言われています。それは、基本的に着物は重ね着であるということや、羽織やコートを着るので、帯結びに少し自信がなくてもカバーできてしまうこと、年末年始のお出かけに着物を着る機会があることなどから言われているのだと思います。

クローゼットにある洋服用小物を活用

木枯らしが吹いて、雪がちらつく冬のこの時期、街にはダウンジャケットやウールのコートを着ている人が行き交っているのに、着物屋さんの店頭に並ぶコーディネートや、ネットショプに掲載されている写真は、着物にショールだったり、羽織姿だったり・・・。

7252b9e088d5e9effa46f28a3d6bab57_s
この冬を初めて着物で過ごす初心者さんは、戸惑ってしまうかもしれません。ですが、あらためて着物用のコートを買わなくても、着物のアウターには、クローゼットの中にある、洋服用の大判のストールや、ポンチョをコーデしてみましょう。それでも、暖かさは洋服の時の、ダウンやウールにかなわないかもしれません。そんな時は、インナーを工夫することで暖かな着物姿を実現してしまいましょう。

伝統的な着物のインナースタイル

ここで、少し、着物の中に着る物を少しおさらいしてみましょう。昔(と言っても昭和初期頃までくらい)の人は、着物の下に長襦袢を着て、長襦袢の下には、肌襦袢と裾除けを着ました。裾除けの下に湯文字という腰巻スタイルの下着を着けました。現在でも、このような着方をする人もいますし、現在の着物のインナーは、このような伝統的な下着を現代の生活に合うように工夫したものです。

462bb5cec3ededd0430d3ff3444c6a36_s
例えば、着てしまえば長襦袢のように見える、長襦袢と肌襦袢と裾除けのいいとこ取りの「嘘つき」というインナーがありますし、肌襦袢と裾除けの機能を合わせた着物スリップというインナーもあります。肌に近いものほど、昔からいろいろな知恵で工夫がなされてきたのですね。

着物の下に機能性素材を使ったインナーを活用

平成の私たちも、私たちならではの工夫ができそうです。冬の着物インナーとして特にオススメなのは、機能性素材を使ったインナーです。和装用インナーとして、東レのソフトサーモ糸を使用した「ヒート+ふぃっと」というシリーズがよく知られています。肌着やステテコ、足袋インナーなど和装に必要なラインナップが一通り揃っていて、和装用品のネットショップや大手ショッピングサイトでも取り扱いがあります。翌日配送サービスを使えば、急ぐ時でも便利ですね。

4642d78ec24848e2aef4b34e831d918f_s
結婚披露宴や成人式、お茶席など、礼装・正装の着物の時は、着物ならではの着姿や所作が必要ですから、伝統的な和装下着を着る必要があると思いますが、目上の人と同席しない普段のお出かけなら、着物の下に長襦袢を着て、肌襦袢などの代わりに、洋服用のインナーで寒暖の調整をしてもいいでしょう。ウォームビズと言われて随分経ちますが、冬のウォームビズ向けや、女性の冷え対策として、保温性の高い機能性素材を使ったインナーがたくさん出回っています。

代表的な機能性素材インナー

・ヒートテック(ユニクロ)
・ピースフィット(イオン)
・ファイバーヒート(しまむら)
・GU WARM(GU)
・ホットコット(ベルメゾン)
・ボディーヒート(イトーヨーカドー)
・ぬくもりインナー(無印良品)

など。種類も豊富です。このような機能性素材のインナーを着る時に気をつけたいのは、素材のほとんどに化繊が含まれるということ。ホットコットには、綿100%のラインナップもありますが、化繊に敏感な肌質の方は品質表示をよく見て自分に合ったものを選んでくださいね。

着物のインナーとして着用するポイント

着物のインナーとして着用する場合、襟ぐりが大きいデザインを選ぶことも気をつけたいポイントです。リサイクルのウール着物や木綿の着物など、家で着る着物なら衣紋をほとんど抜かなくても大丈夫ですが、お出かけ用の小紋の着物では衣紋を抜きますから、後ろから見たら首のところにインナーがのぞいてた・・・なんていうことにならないように、意識して選ぶといいと思います。そで丈も腕を伸ばした時に、袖口から見えてしまわないように、7分丈くらいが暖かさと見た目の両方をクリアできるのではないでしょうか。

足下の寒さはレギンスを上手く活用

2bedb76a9130edcda1236e310f7d0a69_s
ボトムは、レギンスを活用しましょう。着物は、マキシ丈のラップスカートをはいているようなものなので、レギンスとの重ね着をしているイメージです。スカートと違うのは、着物は腰紐を使っているということです。腰紐で着丈を決め、おはしょりを作っていますので、腰紐は重要なポイントです。着物を着て過ごすときに、『大変だな』『面倒だな』と感じるのは、お手洗いを使う時だと思いますが、下着の履き口が腰紐と重なってしまい、苦労している場合が多いようです。ですから、インナーを選ぶ時には、ローライズのものを選ぶことをおすすめします。ローライズではセレクトの幅が狭くなるようでしたら、腰紐の位置にかからない股上丈のものを意識して探してみてくださいね。

冬の青空は、凛とした気持ちになるもの。また、雪がちらつく風景も冬ならではの風情があります。お気に入りの着物で、冬を楽しみましょう。

家に眠っている着物を売るなら今がチャンス! 着物の高価買取専門【買取プレミアム】
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加