着物の種類

着物は柄付けや工程の違いによって色々な種類に分けられています。ここでは代表的な着物の種類を写真と合わせてご紹介いたします。

黒留袖

黒留袖

裾に模様が入っており背中、両後ろ袖前胸元に合計5つの家紋が入ります。既婚女性の第一正装として用いられ結婚式の新郎新婦の母親や仲人夫人、親族の既婚女性が着用します。

色留袖

色留袖

五つ紋付きの場合は黒留袖と同格の第一礼装です。既婚・未婚問わず着ることができます。三つ紋や一つ紋と紋の数を減らすことで訪問着や付下げと同様のシーンでも着ることができます。

振袖

振り袖

未婚女性の第一礼装として用います。華麗な絵羽模様と長い袖が特徴的で、主に成人式や結婚式などで着用されます。

訪問着

訪問着

絵羽と呼ばれる模様付けがされた着物です。絵羽とは最初に生地を採寸通りに仮縫いじ、絵を描いた後に再びほどいて染色作業をするものです。礼装らしく華やかな雰囲気の着物です。

付け下げ

付け下げ

着た時に模様がすべて上を向くように柄付けした着物です。元々は絵羽模様でないことから訪問着より格下とされていましたが、最近では訪問着とほぼ同格の華やかなものから、カジュアルなものまで幅広くあります。

色無地

色無地

無地の着物で一色で染められています。紋をつけない色無地は街着感覚で着られ、一つ紋をつければ礼装として正式なシーンでも着ることができます。

フォーマルシーンの着物

フォーマルシーン

素材は主に絹を使用し、織り上げた白い生地に柄付けをする「後染めの着物」または「染めの着物」と呼ばれる着物です。 柄付けの違いや紋を入れるか入れないか、また紋の数によっても格が変わります。

カジュアルシーンの着物

フォーマルシーンでご紹介した着物の呼び名は、すべて柄のつけ方によって区別された呼び名です。そしてカジュアルシーンには「小紋」と呼ばれる柄付けをした着物の着用が一般的です。また柄付けとは別に、一般的に糸を染めてから反物に織りあげる「紬(先染めの着物)」、木綿やデニムといった素材の着物がカジュアルシーンの着物となります。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加