帯の種類

着物と同様に帯にも「格」があります。着物との格を揃えてコーディネートするのが一般的です。

袋帯

長さが約4m20cm以上あり、結び方は二重太鼓。金、銀の糸が使われたり重厚な織り柄になっており、フォーマルなシーンで着用する帯の代表。もとは袋状に織られていたが、今は裏地を合わせて両端をかがって仕立てたものが多い。

名古屋帯

長さが約3m65cmあり、結び方は一重太鼓にすることが一般的。カジュアルシーンで着用する帯の代表。身体に巻く部分では、帯の半分に仕立ててある事が多い。様々な柄や帯地の種類があり、個性を活かした組み合わせが出来ます。

半幅帯

帯の幅が、袋帯や名古屋帯の半分で仕立てられた帯。浴衣をはじめ、カジュアルシーンであれば小紋に合わせて楽しむことができます。また帯結びの種類が豊富なことも特徴です。

ファブリック帯(兵児帯)

芯の入っていない布状の帯。長さや幅も様々で、体型にあった幅にたたんで使用します。半幅帯と同様、浴衣をはじめカジュアルシーンであれば小紋に合わせて気軽な着物姿を楽しめます。結びやすさや軽さも魅力の一つです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加